貿易取引の代金決済方法

貿易取引での代金決済方法は大きく次の3つに分けられます。

 

@送金(前払送金・後払送金)

AL/C(信用状)

BD/A 、 D/P(取立て)

 

それぞれの特徴を下の表にまとめてみました。

 

輸出者の立場として

リスク低 ⇒ リスク高

前払送金 ⇒ L/C ⇒ D/P ⇒ D/A ⇒ 後払送金 

輸入者の立場として

リスク低 ⇒ リスク高

後払送金 ⇒ D/A ⇒ D/P ⇒ L/C ⇒ 前払送金

 

手続きの簡単な順 

 送金 ⇒ D/A、D/P(取立て) ⇒ L/C(信用状)  

 

L/Cの場合には、輸入者側の銀行が保証を行っているため、
例え輸入者が倒産しても輸出者はL/C通りの船積書類を呈示すれば
代金の回収が出来ます。
しかし、書類の一致の要件が厳格なために手続きとしては、相当な労力を要します。 

 

一方、D/A 、D/Pでは輸入者が倒産した場合には、
輸出者は代金回収が不能となるので、信用リスクが高くなります。

※L/CとD/A 、D/Pは荷為替手形が手形が使われます。

 

送金は手続きも簡単ですが、リスクが一方に偏ってしまいます。