取引信用保険のブログへようこそ

取引信用保険のホームページをご訪問ありがとうございます。

 

私は損害保険の提案を中心に企業のリスク対策を支援する仕事に20年以上携わってまいりました。 

以前の私は、企業のリスク対策とは、『事故・災害への事前対策・復旧支援』であると思っていました。

しかし、数年前に親しくしていたプラスチック加工の会社が手形の不渡りに遭い、資金繰りが悪化して倒産するという現実を目の当たりにして、中小企業における売掛金回収リスク対策のお手伝いをできないだろうかと悩むようになりました。

 

書店に行っては、債権回収や資金回収のマニュアル書を買い10冊以上は読んだと思います。

それらの本に書かれていることは・・・

「取引基本契約書を締結しましょう」

「保証人や担保をいかにしてとるか」

という法的方法論の指南書が多いように感じました。

しかし、

中小企業が行う取引で商品を販売する中小企業の側から取引基本契約書の締結を取引先に求めたり、担保や保証人の提供を求めるということが実務上可能なのだろうか。

正攻法なのだけども実利として役にたつ方法だろうか?

この疑問がずっと頭を離れませんでした。

 

そのときに出会ったのが、「取引信用保険」と「ファクタリング」でした。

売掛金の回収リスクを保険でカバーできることに驚いたことを今でも覚えています。

これは、きっと企業経営のお役に立つ保険だと確信いたしました。

ご採用いただいた企業様からは

「アウトソーシングしたことで与信管理の基準が明確になった」

「取引開始までの時間が短縮できた」

「信用情報会社に支払っていた情報提供料が要らなくなった」

「手形取引も積極的に行えるようになった」

などと喜びのお声をいただいています。

実際にご採用いただいた企業様は皆様、取引信用保険を本当に上手に活用して営業を積極的に行っていると思います。

皆様もぜひ、取引信用保険のことを知ってください。

そのことが皆様の企業活動の一助になれば、これに勝る喜びはありません。

株式会社 ウインライフ 

小野 力

自己紹介

1964年 大阪生まれ 

1988年 関西大学法学部 卒業

1988年 同和火災(現:あいおいニッセイ同和損保) 入社

1991年 富士火災入社

1997年 行政書士資格取得 

2001年 リスクサービス梶@取引信用保険担当

2011年 潟Eインライフ入社

2017年 日本保険学会入会

 

【モットー】 より広い補償範囲の保険を、より安くお客様に提供すること

 

【資格】 : 行政書士 ・ 損害保険鑑定人 ・ 宅地建物取引主任者

       貿易実務検定(2級) ・ ビジネス法務検定(2級)

       ファイナンシャルアドバイザー(銀行業務検定)

       年金アドバイザー(銀行業務検定)

       日商簿記(3級)

       日本保険学会会員

 

【家族】 妻1人 子供3人

     長男・長女は社会人として自立し、親の責任を果たせたかなと思っています。

       (でも、孫の顔を見れるのはいつの日やら。。。)

     次女も短大を卒業し、海外で働くという夢を実現するためにがんばっています。

       (こちらはもう少し手が掛かるかも。。。)