L/Cがなくても安心して貿易取引を!

L/Cからオープンアカウントへ!
決済条件の柔軟性がアップ!

 

輸出取引信用保険の活用により、決済方法としてL/Cを用いなくても
リスクヘッジが可能になります。 

 

輸出代金の決済方法としてL/C(信用状)を用いている企業様は多いと思います。

L/C(信用状)は確実な代金決済方法なのですが、デメリットもあります。

輸出取引信用保険で取引先にクレジットリミット(与信枠)を設定しておけば、

L/Cを用いなくても、D/AD/Pに加えオープンアカウント(掛売り)でも安心して取引が可能になります。

 

≪L/C(信用状)のデメリット≫

○事務手続が煩雑
  ディスクレがあった場合のアメンドやケーブル・ネゴ、L/Gに関わる手続きが煩雑

○L/C開設は負担が大きいので、取引先(輸入者)が納得しないケースが増えている