Q&A ファクタリングと取引信用保険の違いを教えてください

A 取引信用保険とファクタリングの一番の違いは取引先の選択基準にあります。

 

ファクタリングでは、契約者が対象とする取引先を任意に選ぶことができます。

『A商事とD物産は最近良くないうわさがあるからファクタリングを手配しておこう』ということが可能です。

一方、取引信用保険では、対象とする取引先を任意に選ぶことはできません。

≪全部の取引先を対象とする方式≫

客観的な基準で一部の取引先を限定する方式

 

ただし、任意に選択できる分、ファクタリングの保証料は取引信用保険よりも割高になる傾向があります。

貴社の取引状況等でいずれの商品が適切かを判断していく必要があると思います。

 

※ファクタリングも1・2社のみのお引受はしていないようです。

 一般的な案内によると取引先10社以上で引受を行っているようです。 

 

■ ご質問はこちらへ