Q&A 取引信用保険はすべての契約が対象ですか?

A 継続的な取引が対象となります。

 

スポット契約は対象外です。

 

≪取引信用保険で対象となる取引の例≫ 

継続的な販売契約

税理士・弁護士などの顧問契約

委託加工契約

継続的な運送契約

短期のレンタル契約    

 

※スポット契約の回収リスクをヘッジする金融制度としては、売掛債権担保融資保証制度(売債)倒産防止共済があります。 

 

ファクタリングも取引信用保険と同じく、継続的取引を対象としています。

 

■ ご質問はこちらへ